たむらけんじのライブ「TKF大祭り」のチケット購入・ライブ情報サイト

TOP
画像を拡大する            

カサリンチュ

鹿児島県奄美大島笠利町在住の2人組ユニット

タツヒロ(写真左)
ヴォーカル、アコースティックギター、ジャンべ

コウスケ(写真右)
ヒューマンビートボックス、ヴォーカル、
アコースティックギター

カサリンチュ =「 笠利の人」 という意味。

タツヒロの何処までも抜けていく優しいヴォーカル、コウスケの土の匂いのするアーシーなヴォーカルというキャラクターの違う声で二人ともメインヴォーカルを取る。
ヒューマンビートボックスをリズムの主体にして、アコギ+メロディアスな楽曲を歌う。
世界でも類を見ないユニークなスタイルで音楽を作り上げている。それがカサリンチュ。

ソウルミュージック、ファンク、ロック、J-POPをミクスチャーさせ生活の中で感じていることを、時にはストレートに、時には変な角度から歌詞を紡ぐ。
そのテーマは「住んでる部屋」「耕運機」から「虫」までバラエティ豊か。

高校の同級生だった二人。東京での生活を経て、島に帰郷。
友人の結婚式で2人で歌ったことをきっかけとして、ユニットを結成。
タツヒロはサトウキビ工場の農務部、コウスケは昼は弁当屋、夜は居酒屋で働くという奄美大島で仕事をしながら音楽活動を続けている兼業ミュージシャンでもある。

二人だけで行われるライブは、その独特なスタイル、ヒューマンビートボックスの圧倒感、そしてタツヒロのヴォーカルによって、初めて見るオーディエンスをも惹きこむパワーを持つ。
2007年、奄美群島限定でミニ・アルバム「kasarinchu」をリリース。
1000枚を超えるセールスを録した。
2009年7月、ミニ・アルバム「SUNNY DAY STYLE」をリリース。
奄美大島と全国HMV、i-tune限定にも関わらず、5000枚を超えるセールスを記録。
2010年7月28日。ミニアルバム「感謝」にて待望のメジャーデビュー
同曲「感謝」は全国30局を超えるラジオパワープレイを獲得。
発売週には東京地区にてラジオ・オンエアチャート1位を獲得するなど、大きな話題を集める。

並行して多数のライブイベントにも出演。
J-WAVEの新人アーティストの登竜門的イベント「LIVE SUPER NOVA」や2年連続での出演となる東京・大阪での「情熱大陸ライブ2010」、「音霊」などに出演。

2010年12月8日、4曲入りシングル「あなたの笑顔」をリリース。
JA共済CMソングとして大量オンエア。
2011年7月27日  「神戸コレクション 2011 AUTUMN/WINTER」公式テーマソングである「やめられない とまれない」
フジテレビアニメ「うさぎドロップ」エンディング・テーマ「High High High」の両A面シングルをリリース
2012年7月4日 キマグレン、Rake、押尾コータローと共にPuiPui HOME TOWNSとして、両A面シングル「この街に生まれて/いつまでも変わらない」をリリース。
2012年9月5日 1stアルバム「カサリズム」リリース
オフィシャルサイト:
http://www.kasarinchu.com/

NMB48ジェロjealkbmisono植村花菜サリンチュ嘉門達夫かりゆし58キマグレンmisono竹下佳江(バレーボール)長谷川穂積(ボクシング)濱中治(野球)マック鈴木(野球)大畑大介(ラグビー)小椋久美子(バドミントン)亀田興毅(ボクシング)アンガールズカンニング竹山小島よしおTKO宮根誠司我が家はるな愛アジアン小籔千豊シャンプーハットスマイルダイアンチュートリアルテンダラー土肥ポン太とろサーモン中川家なかやまきんに君なるみ27002丁拳銃博多華丸・大吉フットボールアワーミサイルマン野性爆弾山崎邦正ライセンスりあるキッズレイザーラモンロバート笑い飯明石家さんまウーマンラッシュアワーオリエンタルラジオCOWCOWかまいたち麒麟銀シャリケンドーコバヤシサバンナザ・プラン9しずる品川庄司ジャルジャル陣内智則千鳥天津東京ダイナマイトトータルテンボスナインティナインハリガネロック藤崎マーケットプラスマイナスへびいちご・高橋村上ショージメッセンジャーモンスターエンジン矢野・兵動渡辺直美オモロー山下学天即桂三度ガリガリガリクソンギャロップ後藤秀樹月亭八光天竺鼠間寛平水玉れっぷう隊未知やすえモストデンジャラストリオウ・キリュウ女と男祇園グイグイ大脇クロスバー直撃小棲取りSAKUストライクソラシドプリマ旦那三浦マイルドミルクボーイもりやすバンバンビガロ守谷日和山田スタジアム山田ひろあき山本晶子和牛