たむらけんじのライブ「TKF大祭り」のチケット購入・ライブ情報サイト

TOP
画像を拡大する            

竹下佳江

“世界最小最強セッター”と称される全日本女子バレーボール代表の司令塔。身長159cmとバレーボール選手としては小柄でありながら、勝負どころで鋭い判断能力と俊敏な動きからの正確な高速トスで頭角を表わし、全日本代表の正セッターのポジションをつかんだ。
2000年シドニー五輪予選で敗退、オリンピック出場を逃し所属していたNECレッドロケッツを退団し、一線を退いた。しかし、バレーボールへの思いを諦めきれず、2002年にJTマーヴェラスに入団。全日本代表にも復帰を果たす。
2004年、当時の現役女子選手では唯一のプロ宣言をし、アテネ五輪で見事5位入賞。2005年より全日本女子の主将を務め、名実ともチームを牽引する中心選手として活躍するとともに、現在は選手とコーチを兼任する。2010年世界バレーにおいては、日本の32年ぶりのメダル獲得に貢献。2011年JTマーヴェラスでVプレミアリーグと黒鷲旗の2冠を達成。
同年のワールドカップではベストセッター賞と個人賞に輝く。

【主な成績】
■1997年 全日本代表入り
■1999年 第6回Vリーグ全勝優勝 Vリーグベスト6
■2000年 第7回Vリーグベスト6 シドニー五輪最終予選出場
■2002年 JTマーヴェラス入団
■2003年 ワールドカップ出場 最優秀敢闘賞
■2004年 アテネ五輪出場 5位入賞
■2005年 全日本代表キャプテン就任
■2006年 世界バレー MVP ベストセッター賞
■2007年 JTマーヴェラス Vプレミアリーグ準優勝 / 黒鷲旗全日本選抜バレーボール大会準優勝
■2008年 世界バレー ベストセッター賞 / 北京五輪出場 5位入賞
■2009年 ワールドグランドチャンピオンズカップ:ベストセッター賞 / 2009/10V・プレミアリーグ:ベスト6賞
■2010年 Vプレミアリーグ準優勝 ベスト6受賞
■2011年 Vプレミアリーグ優勝 / ワールドカップ出場、ベストセッター賞受賞

NMB48ジェロjealkbmisono植村花菜サリンチュ嘉門達夫かりゆし58キマグレンmisono竹下佳江(バレーボール)長谷川穂積(ボクシング)濱中治(野球)マック鈴木(野球)大畑大介(ラグビー)小椋久美子(バドミントン)亀田興毅(ボクシング)アンガールズカンニング竹山小島よしおTKO宮根誠司我が家はるな愛アジアン小籔千豊シャンプーハットスマイルダイアンチュートリアルテンダラー土肥ポン太とろサーモン中川家なかやまきんに君なるみ27002丁拳銃博多華丸・大吉フットボールアワーミサイルマン野性爆弾山崎邦正ライセンスりあるキッズレイザーラモンロバート笑い飯明石家さんまウーマンラッシュアワーオリエンタルラジオCOWCOWかまいたち麒麟銀シャリケンドーコバヤシサバンナザ・プラン9しずる品川庄司ジャルジャル陣内智則千鳥天津東京ダイナマイトトータルテンボスナインティナインハリガネロック藤崎マーケットプラスマイナスへびいちご・高橋村上ショージメッセンジャーモンスターエンジン矢野・兵動渡辺直美オモロー山下学天即桂三度ガリガリガリクソンギャロップ後藤秀樹月亭八光天竺鼠間寛平水玉れっぷう隊未知やすえモストデンジャラストリオウ・キリュウ女と男祇園グイグイ大脇クロスバー直撃小棲取りSAKUストライクソラシドプリマ旦那三浦マイルドミルクボーイもりやすバンバンビガロ守谷日和山田スタジアム山田ひろあき山本晶子和牛